短肌着のデザイン

縫い目が外側につく外縫い製法で縫製されており、デリケートな赤ちゃんの肌に縫い目が触れないようになっているかも重要なポイントです。ごろごろした感じが少なくなり、赤ちゃんも快適です。デザインは、打ち合わせが深くできており、はだけにくい方が赤ちゃんは心地よいでしょう。

ベビー服ベビー服・新生児期肌着は、ひもで結ぶタイプが多いです。なぜかというと、生まれたばかりの赤ちゃんの肌は極めてデリケートで、スナップなどの固い素材が肌に当たると傷つけてしまう危険性があるからです。また、新生児期には体も毎日のようにぐんぐんと大きくなります。ひもタイプならば、赤ちゃんの体のサイズ変化にも対応しやすいのです。

ひもが面倒だということで、最近増えてきているのが柔らかい面のファスナーを採用したタイプです。短肌着の内側がひもタイプで外側に面のファスナーを採用したタイプや、内側も外側も面のファスナーのタイプなど、いくつかのバリエーションがあります。ひもで結ぶタイプですと、ほどけてしまう可能性がありますが、ファスナータイプですとその心配がありませんし、何よりファスナーなのでワンタッチで合わせることができるため便利です。赤ちゃんの様子を見ながら、どちらのタイプがよいか試してみればいいでしょう。

他肌着との組み合わせ

Pocket