他肌着との組み合わせ

肌着短肌着以外にも、さまざまな種類の肌着があり、短肌着との組み合わせで使います。長肌着は、赤ちゃんの足まで包み込んでくれる長めの肌着です。生まれて3か月くらいまでの赤ちゃん用の肌着です。気温がやや低めの春先や秋口には、短肌着の上に長肌着を着せるとよいでしょう。裾にスナップボタンがついておらず、スカートのようなデザインになっているため、おむつを替えるのが簡単です。長肌着は足を動かすことが多くなる3か月目くらいになりますとに足元がはだけるようになるため、コンビ肌着に変える人もいらっしゃいます。

コンビ肌着は長肌着と違い、足の部分が2つに分かれた形でスナップボタンをとめるスタイルなので、3か月以降に足をバタバタとよく動かすようになってもはだけてしまう心配がありません。6か月くらいまでの赤ちゃんには、内側に短肌着を着せ、外側にコンビ短肌を重ねてあげるとよいでしょう。コンビ肌着は素材が柔らかくて着せやすく、通気性も高いため、短肌着の上に着せるアウターとして使えます。

短肌着と長肌着やコンビ肌着を重ね着させてあげることで、赤ちゃんの体温の調節を助ける効果があります。短肌着と長肌着、コンビ肌着の組み合わせは、汗を吸収することから、体温の調節まで赤ちゃんの快適な生活にとって大切な役割を果たしているのです。このサイトを参考にしていただき、愛する赤ちゃんにすてきで快適な短肌着を見つけてあげてください。

短肌着のデザイン

縫い目が外側につく外縫い製法で縫製されており、デリケートな赤ちゃんの肌に縫い目が触れないようになっているかも重要なポイントです。ごろごろした感じが少なくなり、赤ちゃんも快適です。デザインは、打ち合わせが深くできており、はだけにくい方が赤ちゃんは心地よいでしょう。

ベビー服ベビー服・新生児期肌着は、ひもで結ぶタイプが多いです。なぜかというと、生まれたばかりの赤ちゃんの肌は極めてデリケートで、スナップなどの固い素材が肌に当たると傷つけてしまう危険性があるからです。また、新生児期には体も毎日のようにぐんぐんと大きくなります。ひもタイプならば、赤ちゃんの体のサイズ変化にも対応しやすいのです。

ひもが面倒だということで、最近増えてきているのが柔らかい面のファスナーを採用したタイプです。短肌着の内側がひもタイプで外側に面のファスナーを採用したタイプや、内側も外側も面のファスナーのタイプなど、いくつかのバリエーションがあります。ひもで結ぶタイプですと、ほどけてしまう可能性がありますが、ファスナータイプですとその心配がありませんし、何よりファスナーなのでワンタッチで合わせることができるため便利です。赤ちゃんの様子を見ながら、どちらのタイプがよいか試してみればいいでしょう。

他肌着との組み合わせ

短肌着の生地

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。短肌着は赤ちゃんが一番内側に着て、肌に直接触れる部分の多い肌着ですから、赤ちゃんが心地よく感じる素材のものを選んであげましょう。

生地短肌着の素材にはさまざまな種類があります。それぞれの素材の特徴を理解し、赤ちゃんが生まれた季節や気温、生活する環境に応じた素材の短肌着を選びましょう。ガーゼ生地は柔らかい平織り生地です。通気性に優れ、洗濯してもすぐに乾くのが長所です。伸縮性がありますので、着替えもしやすく重ねると保温性もアップします。薄手で通気性の高い天竺生地はTシャツにも使用される平編み記事で、サラッとした感触が特徴です。普通の厚みで伸縮性や吸水性に優れたフライス生地は柔らかく季節を問わない便利な素材です。スムース生地は両面リブ編み生地でやさしい手触りが特徴で厚みがあります。最も厚いパイル生地はタオルに似たふわふわした厚みがあり保温性の高い冬向けの生地です。

以上の5つが代表的な短肌着の生地です。春夏に生まれた赤ちゃんや、汗をよくかく赤ちゃんにはガーゼ生地や天竺生地、秋冬に生まれた赤ちゃんにはスムース生地やパイル生地を選んであげるとよいでしょう。

短肌着のデザイン

ベビー服の基本

生まれたばかりの赤ちゃんは身長約50㎝と、とても小さい体ですが、生後たった1か月で身長が10㎝も伸びることがあるほど新陳代謝が活発でしかもかなりの汗っかきです。赤ちゃんの柔らかくデリケートなお肌を汗や皮脂などから守るためには、ベビー服の中でも肌着が特に大切だと言えるでしょう。生まれた赤ちゃんが最初に身につけるのが肌着です。いろいろな種類の赤ちゃん用肌着がありますが、最も基本となる大事な肌着が短肌着です。

短肌着短肌着は、生まれて3か月くらいまでの赤ちゃんに着せる肌着で、丈が腰くらいまでしかなく短いことから短肌着と呼ばれます。汗をしっかりと吸い取るよう、ベビー服の一番内側に着せるのが基本です。着物のように前を合わせ、ひもやファスナーでとめるデザインで、赤ちゃんが寝た状態でも簡単に着替えさせることができます。

短肌着は、季節を問わず4~5枚は用意しておきましょう。なぜかと言うと、汗などでよく汚れますので頻繁に着替える必要がありますし、赤ちゃんはまだ自分の体温を上手に調節することができないため、着せる肌着の枚数を増やしたり少なくしたりすることで、体温の調節を助けてあげる必要があるからです。

短肌着は直接赤ちゃんの肌に触れますので、肌触りが柔らかく、通気性、吸水性に優れた安心で快適な素材でできたものを選んであげるようにしましょう。このサイトでは、ベビー服の基本である短肌着について詳しく見ていきたいと思います。

短肌着の生地